うつ病は嘘。やくづけで死亡

うつ病になる理由は抗うつ薬(抗うつ剤)です。

成分はあの粉。

元々からあるのに加えて

依存症に陥っているのです。

ニュースで連行されるのをみるときがあるが

あれだったとは。

嘘をつくのはまったく別のことです。

性格に問題がある。

自己中心的だから。

これは治療で治るものではありません。

そしてうつ病とはあの状態。

見抜く?うつ病は嘘です。おかしいのがばれる!嘘つきは精神科医だった。

うつ病についてはまずは嘘の話であると見抜くことです。

そうしないと行動に移ることがないから。

治す方法があってもしなかったら治らないです。

当然の話です。

仲間たちも完治を果たした。

しかし問題は甘えがある場合。

彼らは実際にうつ病の嘘を信じて終わりを迎えた。

説明をしたがあきらかに

自己中心的だった。

甘え。

僕もわかるのは

周囲に様子がおかしいと

ばれるのは当たり前。

精神科医も臨床心理士のカウンセリングも

嘘つきだと話しても

「うつ病だから治療で治るもの。」

この状態では治らない。

鬱病は薬害。すべてが嘘の診断書。自覚・行動するなら休職で傷病手当金もあり。

鬱病はつまりはつくられた話。

薬を出すだけで高い請求をする。

そこに一緒に悪事をしているのが

臨床心理士のカウンセリング。

うつ病を含めて精神疾患や精神障害の

診断書はすべてが嘘。

らりっているだけ。

元々からあるのは

別に原因がある。

会社がすべきことでいえば

本人に自覚をする可能性があるのか?

そして実際に行動に移しているのか?

こうしたことの確認をしたうえで

休職もだが

傷病手当金の手続きをすすめるのを

おすすめします。

なぜか?

やらない場合が多いから。

そして

休職を繰り返すのを続けることになります。

会社にしても

この場合は手に負えないです。

見破り方は?鬱病と嘘を続けていると終わる。生活保護に追い込まれて採取される。

彼らはいつまでも鬱病を治すためと

治療を受けては体調が悪いのを続けていた。

自分に嘘をついている。

こうなってしまうと

もう手遅れ。

ニートになったり

生活保護の受給者になったり

そして精神科・心療内科は高い請求を繰り返す。

支払いは税金から。

あれではあきらかにバレるのが常識。

誰でもがあれをしている人がいれば。

きっぱりとやめればまだいいが。

ひとつ見破り方についても触れておく。

うつ病の人がいてどうすればいいのか

接し方がわからない。

「わからなくていいのです。」

依存症であるうつ病を理解しないのが正しいです。

支援をするには

本人に説明をする。

そして実際に反省をして

必死に治す方法をする。

その場合は支援することもできます。