うつ病の早朝覚醒は薬害

精神科・心療内科の受診前のは

鬱病ではない。

そして治療でなるのが

うつ病に早朝覚醒。

成分からしても

使えばなるのが常識。

元々ある原因は別にある。

うつ病・早朝覚醒の治し方はまったく違う方法がある。

向精神薬、睡眠薬の対処

成分は「白い粉」

精神科医に頼っているとうつ病になる。

早朝覚醒にも。

そこに

早朝覚醒の治し方といわれてはまた薬がさらに増える。

僕も大変だったが。

仲間の一人は

うつ病だけで済まなかった。

彼は早朝覚醒に、

昼夜逆転もしてしまった。

対策で薬の繰り返し。状況は悪化へ。

うつ病とはつまりは

あの「白い粉」。

朝の目覚めが早いのは

精神科・心療内科が原因。

薬といっても同じものを使用している。

手錠をした人たち。

そういった映像を見ると

わたしたちがわかることは

明白である。

目にクマがあり

言動もおかしい。

睡眠障害になるのが常識。

精神科・心療内科の対策で人生が台無しになる。

最初は会社や学校、家庭環境での

ストレスだったのが

そこにあれをして一時的に気分を改善をする。

次にはさらに悪化をする。

鬱病となる。

早朝覚醒となる。

睡眠障害となる。

彼も

大変だった。

うつ病という詐欺にあってしまい。

早く目が覚めるときもあれば

日中眠い。

夜中に眠れずに起きている。

など

ひどかった。

睡眠不足となり疲労が蓄積される。

早朝覚醒をしたかと思えば

まったく逆の

夜に起きたり。

彼もいまでは完治をしたが。

あの日々は

まさに彼も大変だった。

精神科医と

臨床心理士、心理カウンセラーとの関係にも

注意が必要となる。

共犯者。


二度寝も早朝覚醒も。うつ病とレッテル張りをされてから。

精神科・心療内科で

うつ病になる。

そして

早朝覚醒が改善することがあったり

治った人はいません。

メンタルクリニックでは

でたらめで

そのうち治るからみたいなことをいわれるが

まずないこと。

うつ病の治し方と信じているのが

実はうつ病の発症の原因である。

うつ病や

早朝覚醒でさらに強いクスリをしても

一時的です。

うつ病も

早朝覚醒も

つくられたもの。

鬱病も

早朝覚醒も治るものです。

問題なのは

こうしたクズたちに騙されていると

大変なことになる。

僕もうつ病と信じ込まされてしまい。

二度寝をするようになった。

早朝覚醒でストレスもたまり。

眠れないのは

それこそ情緒不安定になる。

過ごし方にも悪い影響がでる。

周囲ともうまくいかなくなる。

こうしてうつ病詐欺を信じていると。

自分が以前ある女性に

何時に起きているのか聞いたら

朝の4時

他にも

深夜の2時、3時という人たちもいました。

昼間眠いのでみんなぐったりと疲れていて

デイケアにきても

寝ているだけでした。

早朝覚醒は睡眠薬などでなります。

うつ病に早朝覚醒はアレだった。ここでどうするか?

うつ病は薬害。

そして

早朝覚醒で辛い。

あなたも知っている

原因のひとつにあるのが

ストレス。

そもそもストレスになることは

人間関係と経済的なことが大半です。

薬で解決できますか?

方法が間違っているのです。

仕事ができない身体。

イライラする。

そして

頼ってしまうと。

弱みに付け込まれる。

臨床心理士のカウンセリングも注意が必要。

いろいろとそれっぽいことを

助言するように見えるが

していることは精神科のクスリへの誘導。

そもそもわたしたちと同じ経験をしていない。

素人。

わからないのです。

景気が悪いのは薬やカウンセリングでは改善しないです。

できそうなふりをしては

うつ病をつくりだす。

そして早朝覚醒も。