うつ病で住宅ローンは断薬から

薬の成分は危険物。

逮捕されるもの。

うつ病と精神科・心療内科で診断されて信じてしまうから。

これに気づかないままでいれば

過剰摂取で死亡。

早死にする。

うつ病で住宅ローンが組めない。

これで悩んだ人たち。

うつ病が治らない。

いつまでも続く症状が辛い日々。

鬱病の人には話が通じない。

多いのが怒り出す。

うつ病は精神科でなるもの。

しかし話をまったく聞かない。

住宅ローンを組めないから

通った例がないかを探しても。

うつ病は存在しないのに

鵜呑みにしている限りは。

周囲もうつ病は手遅れとわかる。

見た目だけでわかる。

住宅ローンが払えない

住宅ローンが払えない。

審査が通ったから

安心した?

しかし

うつ病と信じてはする。

毎日

飲み続ける。

夫婦であれば

妻は早めに離婚をすることを考えること。

やっていれば

うつ病というもののままでいる。

働けないことになる。

うつ病の人は

会社にも様子がおかしいのがばれる。

返済中にうつ病の治療をうけていれば

成分からしてもなるのがあたりまえだが

症状が増加をしていく。

適応障害にもなる。

不安障害にも。

使えばなる。

手錠をしている。

刑務所の受刑者と同じ。

鬱病といったつくりばなし。

免除の対象になればいいものではない。

うつ病と告知しない人たちもいる。

結婚をした人たちもいる。

そんなものをしていたら

妻に離婚されるのが常識。

誰でも嫌がるもの。

それよりも

命の危険がある。

いきなり正気を失うから。

よくあるのが

正気に戻ったら

逮捕されて犯罪者。

しかし

うつ病の人は

住宅ローンが組めないのを

通そうとする。

本人は訳が分からないから。

そもそもが間違い。

完治をしてからなら

ローンが組めない問題も解決する。

うつ病になったら?精神科をやめることから。

うつ病が治る方法があっても

それ以前にもう終わり。

完治をするには

断薬をしてからとなる。

しかしやめない。

うつ病と理解されないと騒ぐだけ。

わがままでしかない。

うつ病になったら仕方がないんだ~

精神疾患の通院歴があるから~

本人たちは

こう言うが

周囲

家族は見た目だけで

うつ病は異常者なのがわかる。

うつ病というカルト宗教に

すっかりとはまっているのが

わかる。

精神障害者になったら

病人だから仕方がないではなくて

うつ病という話にはまっているから。

困って住宅ローンの借り換えをしても同じこと。

ほかにも

生命保険に加入。

ばれるわけがないと甘えばかり。

団体信用生命保険(団信)についてもたが

どれもまずは精神科・心療内科

臨床心理士・心理カウンセラーのカウンセリング

デイケア・作業場・就労支援センターなど

こうしたのをやめる。

断薬をしても

またやりたくなるから

手を出してしまい

終わりとなることも多い。

そういったケースが多い。

一度でも少しでも

してはいけないもの。

していれば

癌や認知症、ボケる。

妻たちは

あきらかに頭がおかしいことに気づく。

うつ病の人とは

離婚をするのが正しいこと。

精神疾患にある差別や偏見は

あるのがふつうのこと。

うつ病はない。

あれを使用してのもの。

誰でもが嫌がるもの。