うつ病は一瞬で治すのが常識、依存症だから

うつ病は依存症。

抗うつ薬の成分はあれそのもの。

つまり依存症を治す方法は

薬をやめること。

一瞬で治すもの。

いつまでも飲み続けている死亡をします。

うつ病は一瞬で治すのが常識です。

これは薬害。

そして精神科、心療内科、

精神科医、臨床心理士のカウンセリング、デイケアなどの

詐欺に引っかかる前にあるものは

原因は別にあります。

うつ病は早く治す方法をするのが正しいこと

鬱病にまつわる話は治すのも含め作り話です。

薬を売るたけだけです。

病院やクリニックで治った人がいないのが事実。

僕もしまいには治らないもの?

といった精神科医などの話を

鵜呑みにしてしまっていた。

僕もだが仲間たちも反省をした。

たしかに

堕落していた。

なんでも一瞬で治すのを期待していた。

今思うと楽をしようとしていた。

あそこで完治後に

他の患者たちに

説明をしたが

彼らの反応はどれもその後の

終わりを示していた。

「うつ病は精神科・心療内科で治る話だから。」

「先生に任せていればいずれはその兆候があるはず。」

「バカなことを言って。」

「うつ病なんだからここでするものだ。」

彼らはそう言いながらも

デイケアに来ては

生活保護の受給者ばかりだったので

生活保護費で

甘い食べ物を食べていた。

僕らがわかったのは

「うつ病に甘えている。」

「楽に誰かにしてもらえて一瞬で治すのを期待していた。」

そして

「これは無理だ。」

これが出した結論であきらめた。

体験談から。うつ病を克服する最善の方法は自分次第

体験談からわかるのは

うつ病を克服する最善の方法は

自分がどうしたいのかによる。

うつ病を完治をしたい。

たしかにうつ病は一瞬で治すのが正しいこと。

しかし

元々からあるものは

そんな短期間で瞬間でどうにかはならない。

辛いのを乗り越えるために

努力をするかによる。

うつ病はないのだが

一瞬で治すのを少しでも望んでいると

無理。

これは何事もそうである。

他の人たちからすれば

たしかに甘えと思うし。

怠けていると考えるのが普通のこと。

それとも治す方法が欲しいけど

何もやりたくない。

一瞬で治すのをしてもらいたい。

お金も使いたくない。

でも精神科・心療内科・デイケア・臨床心理士のカウンセリング

には高いお金を支払う。

これは甘えでだらしがない。

ここで

実際に行動をするかしないかによる。

うつ病から立ち直るきっかけは

うつ病を一瞬で治すのはいいとして。

これとは別に原因がある。

仲間たちもだったが

むしろこっちのほうが大変だった。

うつ病は依存症なので一瞬で治すでいいが。

こっちはそうはいかない。

しかし

今思うと彼らは

だらしがない。

そして最後まで

うつ病を一瞬で治すような魔法を期待していた。

僕らは

そういった甘い話は

クズたちの詐欺と説明はしたが。

やはり洗脳されていたのもあって

話が通じなかった。

結局死んでしまった。