うつ病の平均はやらせ。早死に

うつ病は抗うつ薬が理由。

最初からあるのは別に原因がある。

治療と騙しては

あの危ないものでわからなくしているだけ。

うつ病にまつわる平均の話。

休職の期間にしてもまったくの嘘の話。

精神科・心療内科の受診をしていると

寿命が短いことになる。

早死にをする。

平均の寿命が短いのはうつ病とは関係がない。

詐欺にあっているから。

あそこでは彼らは手遅れになり

この世を去った。

そして成分からしても

どうなるのかはわかりきっている。

鬱病の平均の寿命が短いのは薬害。

私たちの

鬱病の平均の寿命が短いのも

薬害そのもの。

しかもわからずにうつ病の治療をしている

高い請求ができるからと

わからないでしていることが多い。

精神科医はクズ。

僕も当時はうつ病はないと

知らなかった。

無知だったがために

症状の進行をしていった。

仲間たちも

やはりうつ病の話を鵜呑みにしていた。

平均でこの期間で治るという話にも期待してしまった。

これは寛解することを指しているが。

あれをしてあの状態でいるだけ。

感じなくなっているだけ。

あそこでは年齢も若い人。

子供から老人まで様々。

うつ病の発症年齢はつまりはあれをしたときから。

うつ病に平均の治療の期間はない。睡眠時間への悪影響も。

うつ病はあの粉の使用者そのもの。

まずはこのうつ病にまつわる話を忘れることが必要。

平均の治療の期間の話も

実際には完全に違いがあるのがわかる。

これは実際に体験している

わたしたちならわかること。

あなたも

いつまでも治らないでいる。

睡眠時間へも悪い影響がでる。

睡眠薬、睡眠導入剤も同じアレ。

一時的なだけ。

そしてかえって眠れないことになる。

いくら寝ても疲れた状態。

体がだるい。

うつ病の悪化。

結局は嘘話。

うつ病が治るのに平均で~の期間がかかるというのも。

実際にはこういったことはない。

これはあなたもよくご存じのこと。

彼らは悪化を続けていき

入院をしたが。

最後は終わった。

うつ病の休職期間が延びていき無職に。年収が0に。

収入の問題。

うつ病という詐欺にひっかかってしまい。

休職の期間が続く。

そしてクビ。辞職となる。

そのまま無職。

年収も0円。

平均にまつわる話で事実は

僕もだったがこの手の被害が大変多い。

人生がここでダメになる。

そしてクズたちが吹き込む。

例えば休職が必要ですというのも。

しかしうつ病で

これにしても平均の話は実態とは違う。

さらに多いのが

生活保護の受給者に追い込む。

お金がない状態に。

甘いささやき。

本人たちはこれを人助けと思って

している。

そしてもう

経済面でも

病院・クリニックから出られなくする。

これは洗脳の手法そのもの。

もっとも

精神科医も臨床心理士のカウンセリングでも

彼らは知らずにしていて

結果としてそうなっていることが多い。