うつ病でクビ。使ってはいけない危険物で

〇薬と抗うつ薬は成分が同じ。

これでなるのは薬物依存症。

これをうつ病といっているだけ。

僕も騙されたとはいえ使ってしまった。

あれでは当時はクビになったのは普通のこと。

反省をした。

クビになって当然だった。

仲間たちも同じだった。

幸い今はもう元気だが。

うつ病は薬害。

そして

最初からあることは

原因はまったく別にあった。

うつ病だからクビにしたい。正しいこと。ラりっているので。

そう使ってはいけない物だった。

会社にしてみれば

うつ病が何か知らないまでも

様子がおかしいのはわかる。

同僚や上司がクビにする考えがある。

うつ病という人たちに対して。

何かわからないが

危ないと思うのは

正しいこと。

うつ病だからクビにしたいと考えるのが常識。

仕事に復職や就職をするには

うつ病の話を忘れて完治をした後にすること。

そうしないとそれこそ

大変な迷惑をかけることになってしまう。

まずはうつ病は薬を売るためだけに

つくられた病気

と自覚をすること。

公務員の被害者も多かった。うつ病でクビにできないのを考え直すこと。

あそこでは

公務員もうつ病で精神科・心療内科・デイケアの受診をしていた。

それこそ被害者たちの職種は様々だった。

精神科医も臨床心理士も

結局は高い請求を繰り返すだけ。

保険や生活保護制度の悪用をして。

あれでは

クビになったのは仕方がないことだった。

しかし

彼らはうつ病という作り話を信じ切っていた。

うつ病はクビにしたい

最後は

人生が台無しになった。

終わった。

命を失った。

僕もだが

仲間たちも治った後に説明はしたが。

彼らに話しても治療で治るものとなっているので。

ここまできてしまったら

手遅れ。

ここまでなっても

うつ病でクビにできないほうが問題で危険。

そして彼らだが。

急に怒り出した。

薬で怒りっぽいとはいえ

やはり異常そのものだった。

たしかに冷静に見たら・・・

発狂をしている。

体が震えている。

暴れている。

幻覚に幻聴。

うつ病とは依存症。

原因はこれとは別にある。

治すには別の方法が必要。