うつ病の中度も回復できる。精神医療の犯罪

うつ病の症状は精神科医の薬でつくられる薬害です。

成分はあの粉。

回復をするには

精神科・心療内科をやめることが最初にすることです。

うつ病の中度はまだいいほうです。

重度のうつ病になると大変だった。

仲間たちも辛い状況になってしまったから。

幸いもう彼らは完治をして忘れているが。

うつ病で?仕事ができない体に騙されて。

うつ病は治療でなるもの。

元々はあなたも問題を抱えているから

悩んでいたはず。

そこで間違えて診断を受診してしまった。

そしてうつ病になった。

ここで大事なのは

うつ病というものは精神科・心療内科がきっかけでなる。

こうした問題やストレス、

人間関係や自分の欠点など

これらは

治療で治るといった種類のものではないこと。

うつ病などの精神疾患には多くの種類の一覧があるが

どれも

そもそもでたらめでしかない。

依〇症の発症。

これが要因。

画像などでここが悪いといったものがない。

これに気づかないままでいた僕らは

うつ病にさせられて

すっかりと仕事ができない状態になってしまった。

うつ病が中度へと変化も。

重度へ。

そしてうつ病が中度になり

悪化を続けていった。

周囲の接し方は?症状はあれ。顔つきもおかしい。うつ病はないと理解することから。

うつ病の特徴は使用者と同じ。

うつ病の人がとる行動がおかしいのもしているから。

顔つきもいかにもしている。

精神科・心療内科をすすめるのがうつ病の人にやってはいけないこと。

寝たきりにもなってしまう。

診断基準もでたらめ。

うつ病を治すには自分で気づくのが前提となる。

周囲がいくら話しても

本人がうつ病だと信じている限りは

やめることはない。

高齢者の方も診断を受けてしまい

被害にあう方が多い。

多いエピソードとは​

廃人となる。

自己診断テストというものもでたらめ。

うつ病というと周囲はわからないから

対応の仕方がわからない。

しかし事実はあれだった。

うつ病の中度は実は楽なほう。

少なくとも命を落とすよりは。

接し方で大事なのは

事実を理解すること。

うつ病は存在しないことを。

軽度だったのがすれば症状が進行する。

重度のうつ病にもなる。

抑うつ状態​だからといってしてしまえば

うつ病というあれになる。

中程度​だったのが重度へ。

仕事できないからだとなる。

最初に回復をするといった話に騙されてしまい。

厚生労働省のデータも前提に違いがある。

治ったのではなく

あれを使っているだけ。

よく誤解であるのが

うつ病の特徴。

何か危ない人に見える。

何かやりそうで怖い。

見た目が危険など。

こうしたのも何かの病気だからではないこと。

周りも支援することができる。

わからないままの被害者たちに

治るきっかけを伝えることができる。

もちろん実際にするのは本人だから

応援とある程度のサポートができること。

すべてのことをすることはできない。