うつ病の診断書はデメリットで薬害!


うつ病になるのは精神科医の薬で。

このことを知らずにいたために。

デメリットばかりだった。

うつ病と思い込んでしまい

休職をした当時。

診断書の提出を会社にした。

「うつ病だから?」

今思うとこういった頭がどうにかなったと思われるのは

あれをしていたから普通のことだった。

うつ病はデメリットしかない。

診断書に障害者手帳に甘え

当時はデメリットは少なく

うつ病に対しての理解がある程度はあると思っていた。

例えば

自立支援医療制度。

一見窓口で保険証も使い

支払いの負担が減るから

いいように思ってしまう。

しかしだからこそデメリットだった。

「そうかほとんどただでデイケアも含めて利用できるのか。」

これでかえってだらしなくなってしまった。

うつ病はつくられたもの。

診断があって治療が始まる。

障害者手帳もあるから

さらに堕落するうつ病の人ばかり。

デメリットも詐欺によるやらせ。

仲間たちも同じだった。

彼らも反省をして

治る方法で治った。

精神科でうつ病に。

うつ病の発病をする。

体調が悪いのが続く。

臨床心理士もいいことをカウンセリングで話すので

甘えがでてしまうのだ。

こうして一見いいように見えるのが

デメリットでしかなく

こうすることにより

定期的に患者が来る状態を作り

維持する。

これが詐欺。

支払いは税金からだから

支払っている本人は自覚がない。

ローンの支払いができないから

離婚となる。

家庭崩壊。

死亡。

自殺。

など

うつ病になってしまうと悲惨なことしかない。

完治をした

仲間の一人は障害者手帳をうつ病ということで

取得をしていた。

スマートフォン、携帯電話の支払いも安くなる。

彼も後になって話していたが

「うつ病ということで次々と堕落させて」

「騙し続けるクズだ。」

「再就職をするにもデメリットになって。」

労災の申請をすることもうつ病であるが。

しかしこれも業界の話にのってしまっている。

精神科、心療内科で職場をよくすることはしない。

ローンが支払えない。うつ病の治療で認知症

鬱病とされて精神科・心療内科では

収入がない状態に追い込まれる。

障害年金の受給者になる人たちも多かった。

そして生活保護も。

うつ病なのはどうでもよくて

診断書のもらい方が気になるのがうつ病。

だらくしているから。

公的な援助が目当て。

生活保護の受給者も多い。

もらえないのをさけるために

通院している。

うつ病で休職をしたら復帰は無理。

嘘を信じているので無理。

うつ病の見分け方は

誰もがあれをみれば

やっているなとわかる。

しかしうつ病で多いのが

健常者と変わらない。

うつ病だとわからない。

こうしたクズをいうばかり。

見抜くのは誰もがわかる。

会社の対応としては

仕事をどうするか悩むのではなく。

やめさせたいと考えるだけでは不十分。

辞職させるのを前提にすることだ。

あの危ないのをしているのだ。

大変危険だ。

職場で何かされたら?

取り返しのつかないこととなる。

手遅れとなる。

うつ病にはやめるように話すことだ。

これでもうつ病を理解してくれないと

仮病を言っていれば

早めにクビにすることだ。

うつ病は甘えてばかり。

本人たちはバレることがないというが

誰もがわかる。

オープン就労も同じことだ。

会社は採用をしてはいけない。

この状況を作り出して

あとは病院、クリニック、デイケアに来させる。

よくできた典型的な詐欺話。

彼は

家のローンの支払いができなくなった。

ボケてしまい。

認知症となり。

うつ病の詐欺。

デメリットで家庭崩壊に離婚。

一時的に傷病手当金。

労災。

しかしいずれは全員がお金がなくなった。

いつまでも収入がないから。

公的な支援となる。