うつ病の原因は薬害!精神科!心療内科!不明ではない!

うつ病の原因は精神科医です。

薬の成分は毒物。

回復をするには

断薬を完了しているのが前提条件となる。

うつ病とはあの状態。

仮面うつ病

躁うつ病

非定型うつ病

反復性うつ病

冬季うつ病

新型うつ病

産後うつ病

老年期うつ病

内因性うつ病

しているから。

家族・親が当然ながら

あれを飲ませることはしない。

していれば

手遅れになれば

脳が破壊される。

精神科医の説明でわかるのは

原因は不明。

おそらく。

たぶん。

などあいまいな説明。

元からあるのは別に原因がある。

このあとに弱みを付け込まれてしまい

「白い粉」の向精神薬。

これは薬害。

うつ病というからわかりづらい。

そして飲み続けて長期化になります。

非定型うつ病の原因も同じ。

こうしてうつ病を利用している。

そこには臨床心理士のカウンセリングもある。

家庭環境がどうとかくだらないことを利用して。

更に泥沼にハマりやすい環境が整えられています。

夫婦であれば

妻、夫との夫婦関係にもんだいがある。

だから薬を。

ここでわかるのは

関係がないこと。

旦那の浮気が薬をしたら帳消しにはならない。

離婚をしたのが飲むとなくなることもない。

専業主婦であった人が仕事を見つけるのに

薬をしたら?

みつかるわけがない。

仕事での悩み。

学校での悩み。

公務員、先生、教師の労働環境。

上司との関係。

銀行員の失業。

若者と父親との親子関係。

子供のいじめ。

高校生

大学生

の受験

就職。

性別の違い。

男性

女性

彼女や彼氏との失恋に恋愛

年齢の違い

若い人に50代以降の人。

不幸なことが起こってしまった。

辛い、悲しい。

しかし交通事故も

治療と自称する

あれをしても戻らない。

自分で乗り越えること。

トラウマとあれは関係がない。

統計や臨床心理士の分析もそうだが

脳内物質。

セロトニン仮説。

仮説でしかない。

薬を売るためのつくられた話。

幼少期の記憶の解明といったものも

どれもが治ったケースはない。

発病させるのだ。

原因を取り除くことはできない。

ペテン師そのもの。

スキルをつけるために

スマホやパソコンの使い方をわかるようにするとしたら

その場合は

自分で努力をすること。

ここでクズたちに愚痴を話したり

あれをしても

状況は悪化をしていくだけで

改善はしない。

学校でもんだいがあり

教員が対応しない。

そしたら転校。

そして抑うつなども含め増え続けている。

これを精神疾患ということにして

健康な人たちに病気や障害といっては

クスリを売るために作り出されている詐欺です。

していれば

そのときは気分がよくなるが

一時的に元気になるが

あれはきれる。

次には以前よりもひどくなる。

睡眠不足となるし不眠症となる。

うつ病の原因の物質は精神科・心療内科・臨床心理士のカウンセリング。

心理カウンセラー、臨床心理士のカウンセリングにしても

こうしたクズたちはわからないことをわかるように装う。

鬱病の原因が不明と思わされているのです。

はっきりとさせないであいまいにしておく。

しかしうつ病の原因の物質は

薬。

つまりはあの危ないものを使用しているから。

警察の警告通りの状態。

ランキングをみてどこのメンタルクリニックがいいのか?

どこも同じこと。

原因は精神科医がウイルスをバラまいているようなもの。

そしてうつ病にする。

原因がないものをあるようにして。

こういった鬱病の原因から離れるのがまずはすること。

配偶者も家族の方もうつ病が

なぜなるのか何かわからないから

困った。

理由も不明。

しかし

うつ病はあれです。

顔を見れば

顔つきがおかしいのがわかるでしょう。

元からあることの原因は

まったく別にあります。

当然ながら

治す方法も違います。

うつ病の人にやってはいけないことは病院にいってはいけない。

親にしてみれば子供のうつ病は辛いものです。

しかし

事実がわかると。

こうして解決策も見えてきます。

精神科・心療内科で原因がつくられるのです。

原因は自作自演。家庭に押し付けて。家族がすべき選択は?

こうした病院やクリニックに行くのをやめるのが大事です。

うつ病の人がとる行動の特徴は使用者。

治らないのは原因をつくるところにいっているから。

夫であれば

産後うつ病を妻が抱えてしまった。

これも出産をした後は

不安定になりやすいです。

しかしだからといって

あの治療を受けてしまうと

うつ病になります。

そして

精神科医や臨床心理士のカウンセリングでは

接し方や家庭に問題があるから

これがきっかけでうつ病。

原因をごまかします。

診断の後になるのがうつ病。

これはよくある典型的な手法です。

そしてしてしまったから症状がでる。

口論をしてしまう。

そんな自分が情けない。

しかしここであれをするのは

まったく関係がないことです。

うつ病の行動パターンがおかしいのも

してしまうから。

うつ病に関する多くある被害でいえば

この手法で

思春期うつ病があります。

原因はクスリです。

家族は何とかして行くのをやめさせることです。

上司は職場でどうするべきか?

どれもまずはこうした

原因をなくすこと。

上司も部下が行っていればやめさせることからです。

こうした詐欺は不安定なのに付け込んでいます。

うつ病では

新型うつ病という名称も

こうしたことです。

職場で部下や同僚を支援するには

まずは説明をすることです。

それにもし仕事で

あれをしていれば

大変なことになるリスクがあります。

うつ病と言う人たちは

今大丈夫だから。

安定しているから。

こうしたのは危険です。

あれをしていれば

いきなりキレるときが来ます。

いつなのかわからないのです。

だからうつ病だから治療を受けている人がいれば

危ない人と思うのが正しいことです。

支援するには方法はあるので

とにかくうつ病を取り除くには

やめさせることからです。

そして最初からあるのは全く別です。

しかし

うつ病を信じてしまい

はまってしまっていますので。

簡単には行かないことが多いです。

説明を繰り返しても

一向に変化がない場合は

あきらめたほうがいいです。