うつ病の人が好む色なんてない!やくちゅう!

うつ病にまつわる話はどれも嘘ばかり。

治った例がない。

そしてくすりで発病をする。

うつ病とはやくづけのこと。

あれと同じ成分。

うつ病の人がとる行動は見れば分かる

例えば黒色がうつ病と関係があるらしいとある。

これも根拠は何もない。

そしてうつ病だからと思い込んでは

しているので

うつ病の人がとる行動は当然おかしいことになる。

鬱病の人を見れば分かるというが

そのとおり。

鬱病の人の目つきはあきらかに使っている人そのもの。

名称を忘れてみることだ。

うつ病では服の色もいわれているが

これも根拠はない。

いいがかりでしかない。

うつ病の初期症状はすでに危険といえる。

少しでもしたらいけないもの

泣くこともある。

やくをしているので

うつ病は不安定。

うつ病の人の行動は変。

鬱病の人はめんどくさい。

鬱病の人については誰もが

めんどくさいと嫌がる。

対処方法がわからないから。

よくある話で

うつ病に嬉しい言葉をかけてあげよう。

これは

うつ病と自分で言う人をさらにつけあがらせることになる。

うつ病は身だしなみもだらしがない。

うつ病は多くは自己中心的でだらしがない。

うつ病は怖いと思うのが普通。

身だしなみにしても

汚らしい。

きちんとしていない。

サイズがあっていない。

など

違和感がある。

うつ病の本人はそれがいいものと思っている。

うつ病に伝えても伝わらないし

怒り出すだけとなる。

色で言えば

日本人が好む色はさまざま。

ひとによって

日本人が好きな色は違う。


人間が好む色​も違いがある。

男性と女性と多くの使用者がいる。

うつ病に性別も関係がない。

やるから。

子供がすれば脳が破壊される。

鬱病の人の目つきはいっている。

うつ病の人がとる行動もだが。

うつ病で人前では明るい人もいる。

これはあれでうつ病とその逆を繰り返す。

まさにしているから。

服の色はおかしいし。

うつ病の症状は顔つきもおかしい。

うつ病の人にやってはいけないことは

精神科、心療内科、臨床心理士のカウンセリングをすすめること。

うつ病だから病気だからと

目がおかしい人がいる。

本人たちはうつ病というが。

自分で言う人は信じ込んでいる。

そしてうつ病でいたいと思っている。

同情を集めたい。

公的支援があるから楽でいい。

精神障害者手帳もある。

ヘルパーさんを呼んで

料理をしてもらおうと。

堕落している。

誰もがうつ病の目つきがいっているのがわかる。