危険!うつ病の行動パターンがおかしい事実。

うつ病とは薬害で精神科・心療内科で発病する。

抗うつ薬、睡眠薬などは〇薬と同じ成分。

これで治ると言われて

そう思う人は誰もいない。

誰もがそう思うが

彼らに説明をしても

行動パターンに違いがある。

まさに闇。

うつ病詐欺は。

行動がおかしい。顔つきの特徴がやっている。

あなたがうつ病であれば

まずは考え直すことです。

他の周囲から行動パターンがどう見えるのか?

現実をお伝えします。

あきらかに行動がおかしい状態です。

反省をすること。

甘えないこと。

ここで変わることです。

周囲が

うつ病という人たちを見ると

あきらかに行動パターンに顔つきの特徴が変。

そう見えるのです。

しているのです。

精神科医がするのは

使用者にするだけ。

原因は別にある。

治し方も別にある。

うつ病の人がとる行動は異常で危険。診断からうつ病ははじまる。

使ってはいけない物。

学校の授業で習うもの。

使用すれば

心も体もボロボロになる。

これがうつ病。

行動パターンも当然ながらしている症状がでる。

うつ病の人がとる行動が異常に見える。

危険だと思うのは正しいこと。

しかし説明をしても

文句ばかり

性格がどうしようもない。

まわりは

これでは支援するのは不可能。

かえって危ないことに巻き込まれる場合もある。

臨床心理士のカウンセリングもクズそのもの。

なにやらバカなことをやらされるが

例えば

うつ病の人が好む色という話も

くだらない。

これで高い支払いをするだけ。

立ち直るきっかけが欲しければ・・治るのか終わるのか。

かれらは結局は

終わった。

うつ病の人で多い行動パターンは

いつまでもうつ病が治るためといっては

診断を受診する。

悪化を続けて終わる。

立ち直るきっかけが本当に欲しいのか?

実は言い訳をしては

逃げていたいだけなのか?

同じようになりたいのか?

それとも?