うつ病の顔つきはヤクでおかしい常用者。


うつ病の顔つきがおかしいのは薬害。

誰もが知っているあのヤクをしているから。

学校の授業や警察が少しでも

してはいけないと

警告をしているのを画像つきでみるもの。

すれば体も心も変わる。

これがうつ病。

鬱病の変化

鬱病になると変化がある。

すればなるのが常識。

うつ病と信じ切ってしまい

精神科医や臨床心理士の詐欺話をうのみにする。

そして顔つきが変わる。

目もあきらかにいってしまっている。

うつ病の特徴はあれの使用者。

うつ病と顔つき

うつ病になると顔つきが変わる。

これは知恵袋などでもある。

しかしうつ病の人がどうしようもないのは

ここでいくら説明を受けても

怒り出す。

そして精神科医の受診を続ける。

治療で治るというばかりで

自己中心的。

やれば頭がおかしいのがうつ病。

脳がダメージを受ける。

診断そのものが詐欺。

カウンセリングなどで

うつ病の人が好む色は~といった話。

これもいいがかりでしかない。

うつ病と自分で言う人は手遅れ。

うつ病だと自分で言う人は疑うことだ。

会社や家庭でうつ病と聞いたら

怪しむことだ。

すでに精神科・心療内科で

してしまっている可能性が高いからだ。

うつ病の行動パターンがおかしいのが当たり前。

すれば異常者でしかない。

やめるように伝えても

話が通じないことがほとんど。

うつ病は被害者でいることを望んでいることが多い。

うつ病のふりをすると周囲が気を使ってくれる。

気にしてくれる。

同情してくれる。

嬉しい言葉をかけてくれる。

そして

公的な支援が受けられる。

生活保護受給者

精神障害者手帳

精神障害年金

甘えでしかない。

うつ病で顔の表情もだが

目つきがきつくなる。

目がおかしいと誰もがわかる。

しかし

うつ病の人は

自分が

うつ病の人の目つきなのをバレルのをしらない。

うつ病は見た目ではわからない?

健常者と変わらない?

本人たちはそう思っているが。

誰もがそうは思わない。

うつ病には誰もがなりやすい人にあてはまる。

これだけうつ病に関する間違った話が多いから。

うつ病の見た目はあきらかに狂っている。

周囲は少し見た目をチェックすれば

うつ病はおかしいとわかる。