うつ病で辛いのは薬害!甘えたままで死亡する?

うつ病は精神科医の薬でつくられている薬害。

成分はあの「白い粉」と同じ。

辛いのが当たり前。

うつ病とはあれの状態。

辛い時の対処法であれをする。

まさにあれの使用者そのもの。

もともとからの原因は別にあります。

たしかにだれもが

いろいろとある。

辛い時って助けて欲しいって

思ってしまうこともある。

そういった弱みに付け込んでいるのです。

そしてうつ病だからと言っては

しているのは使用者。

うつ病で辛いものはやらせ。辛い時にあれで。

なにかのちょっとした食べ物みたいに

飲み続ける

毎日。

異常なこと。

辛いことをこれでやり過ごす。

うつ病と信じて。

誰でもが

辛い時はある。

しかし

ここで

何かの宣伝や案内があり

過ごし方の助言ということで

いってしまった。

精神科・心療内科は

うつ病と診断。

話を聞いてくれて理解があると思ってしまう。

うつ病と信じて

ここで抗うつ薬など向精神薬で

使用者となる。

体調が悪いことになる。

辛い症状となる。

鬱病で辛いし苦しいのは

「あの粉」と同じものを飲み続けているから。

うつ病の辛い症状は薬害。

クズたちの辛い時の

対処法でうつ病になる。

名称も当然ながら

クスリを売るだけのもの。

例えば

冬季うつ病や産後うつ病も。

季節でもなんでもいいのです。

うつ病と診断名がつけば。

うつ病の辛い波は

すればなる。

あれをしてしまい。

そしてどうしたらいいのか悩む。

誰にも理解されないから

うつ病で辛いと言えない

状況にされて。

追い込まれていく。

危険なこうしたもので。

ニュースで芸能人が

逮捕されることがある。

同じもので。

助けて!を利用されて。仕事ができない体にされる。

頭がおかしくなるので

もう何も考えられない状態なる。

あれをしていれば

なってしまう。

うつ病とはあれの

状態そのもの。

こうしたうつ病などの

精神疾患の話を

忘れることが大事となる。

断薬をして

始めて

完治のスタート地点に立てるから。

最初にあることと違い

関係がないことをしている。

助けて欲しい気持ちを利用しているのです。

「お薬をすればすべてが一瞬で解決します。」

こう思いこまされてしまう。

これでうつ病に。

非定型うつ病も同じこと。

仕事ができない体になり。

辛いことになる。

精神科医や

臨床心理士、心理カウンセラーのカウンセリングでは

生きるのが辛いのですか?

そうですね~

困りましたね~

はいお薬をお出しします。

でたらめでしかない。

辛いのでなんとかしようと思ってしまい。

そこで

精神科医は

「おクスリを飲めば大丈夫です。追加します。」

臨床心理士は

「病気だから治療でおクスリを飲んで休むのが必要です。」

こうしてうつ病をつくり

高い請求をしてくるだけ。

うつ病で辛いことを訴えても

誰にも理解されない。

精神医療は詐欺。

どうしたら?家族をうつ病詐欺から助けるには?

うつ病の家族を助けたいはずだ。

事実関係の把握をしたあなたがするべきことは

あなたの夫を助けること。

本当の意味で。

旦那さんも辛いはずです。

うつ病は詐欺なのです。

方法はあります。

悩みや問題を抱えていれば

そこで誰かに相談したくもなる。

しかしそこで

臨床心理士などでは

仕事の洗い出しをするつもりが

精神科医に行くように誘導される。

してしまった。

こうした被害も多い。

最初はまだ元気があるが

しかし

ぐったりとしてしまい。

やる気もなくして。

もうあきらめた状態になり。

うつ病で辛いから

わめいたり頭を打ち付けていたり。

働いていた人たちも

会社を退職して

大変なことになる。

死亡する人たちも。

うつ病はないもの。

うつ病があると信じ込まされて

精神科・心療内科でなるもの。